スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葬儀

2006-06-12 | 14:11

先日の日記で書いた「ネモ」の火葬に行って来た
江戸川区のあるお寺で、ペット葬をメインで
行っているお寺だ

流れとしては、最後のお別れ~出棺~骨上げまで、
人間と遜色ない内容で執り行われた

その時立ち会って頂いたお寺の方に言われたのが
焼いた後を見る限り、病気も特に見当たらないし、
骨も7歳にしては丈夫で、まさに天寿を全うした
と言うことだった
その言葉が何よりもの慰みだった

火葬の間はお寺で待つ事になるのだが、
もう2度とネモの姿が見れなくなると考えると
やっぱりキツイ、涙が止まらない

約30分後、骨上げをする為に戻って骨をあげた
爪と歯はロケット型のペンダントに入れてもらい
お守りにして、残りは骨壷に納めた

お寺に納骨する事も考えたが、
お墓参りの事などを考えると、
今は傍に置いておく事にした

こうして滞りなく火葬が終わり帰途についた

ネモはちゃんと迷わず天国に行けるかなぁ
お寺に納骨されていた他の動物達に
ネモの事をお願いしてきたから大丈夫かなぁ
食いしん坊だから寄り道して美味しい物
食べてそうだなぁ

いつかきっと来るまた逢える日まで
元気でやっててね
スポンサーサイト

「ネモ」

2006-06-09 | 14:12

ここに書くのはどうしようかと迷ったけど
気持ちの整理をつける為にも書く事にしました

以前の日記(4月17日)にも書いたけど
うちには「ネモ」という老齢のフェレットがいます

そのネモが昨日お星様になりました

もうすっかり冷たくなって、硬直も始まっている
その小さい小さい体を触った瞬間、
涙がとめどなく溢れて止まりませんでした
正直こんなに苦しいとは思いませんでした
一瞬、全てがどうでもよくなりました


今年入ってから動きが多少鈍くなったり、
脱毛があったりと明らかに老齢から来る症状が
顕著に見られるようになっていたので、
ある程度の覚悟は出来ていました

特に今週は歩くときにフラフラしたり
体の張りが無くなって来たりしていたので
毎日家に帰るのが怖かったです

最期は苦しんだ後も無く、いつも通りで
普通に寝てるんじゃないか?と思うくらい
穏やかな姿でした



ネモとはもう7年の付き合いになります
お腹が減ってご飯が無いと床をカリカリして
催促したり、水が無いと水の入れ物をガタガタ
揺らしてアピールしたりするのが日常でした

そんな日常が、もうありません

日常が日常でなくなるのって
こんなに辛いとは思いませんでした

何処かの歌の歌詞じゃないけど、
「それでも陽はまた昇り繰り返す」
そう、悲しみに暮れていても
時間は止まってはくれない

ネモは人間じゃないので、
そこまで考えてるか分かりませんが、
いつまでも悲しんでばかりでは
ネモに怒られるはずです

残された者として
ネモの分まで精一杯生きていくのが
何よりもの供養だと思います


最後に、
今までその小さな体で、大きな思い出を
いっぱいいっぱいくれてありがとう

ネモに逢えてホントに良かったよ

日記を書いてみる

2006-04-17 | 17:49

日記始めました

うちには「ネモ」と言うフェレットがいるのだが
ここ最近脱毛が酷い
もう老齢(7歳)と言う事もあるのかは分からないが
とりあえず病院に行ってみた
はっきりしとした診断は出なかったが、
季節性の脱毛じゃないかと言われ、薬を2種類もらった
この薬がやっかいで、
甘いので飲んでくれると思いますよ~
と言う病院の見解もどこへやら、、、全く飲んでくれませぬ
1つはまだ良いのだが、
もう1つの薬は近づけるだけで顔を背け暴れだす
よく子供は、嫌いな物を口に入れられて
それを必死に口から出そうと口の両側から泡と一緒に吐き出す
そんな感じでネモも必死にペッペッする
飲ませるのが可愛そうになるのだが、飲まないともっと可愛そうな事になると困るので、頑張って飲ます

うーん、若かった頃は病気一つしないで元気だったのになぁ
人間も同じだが、年はとりたくないねぇ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。